私は10年以上NOEVIAを使っています

美容クリーム

私は10年以上NOEVIAを使っています。
私は現在34歳になるのですが、昔から肌にコンプレックスがありました。脂ぎってるニキビ肌に、大きく開いて黒ずんだ毛穴。コンプレックス以外の何ものでもなく、どうしたら肌が綺麗になるんだろうと、日々そればっかり考えていました。

食べ物や生活習慣にも気を付けていて、食は野菜中心、夜は24時までには就寝するということを意識していましたが、あまり良くならず、どうしたらいいのだろうと悩んでいた時に、職場の先輩から、NOEVIAを教えてもらいました。

NOEVIAの商品は、ほとんどが薬草から作られているので、肌に負担なく使えるとのこと
香りもすごく良くて、それだけでも癒されました。

NOEVIAを使うようになってお店に通うようになり、スキンケアの基礎的なことから、基礎化粧品の正しい使い方などを教えもらいました

今までは、化粧水→乳液→美容液と、順番につけていけばいいんでしょみたいな感じであまり何も考えてなく、適当にパシャパシャと適当な量をつけていましたが、それではダメだと言われ、一から勉強していきました。

 

化粧水

なるべく、お風呂から上がったらすぐにつけて下さいとのこと。
お風呂上がりの方が肌が乾燥していて浸透力がよく、奥まで化粧水が入っていくので、つけるなら、このタイミングだと言われました。

また、ただつければいいってものでもなくつけた後は、手を何回かこすり合わせて温めて、その手で化粧水をつけたところを、手全体で包み込みます。化粧水が、肌の奥まで入っていくようにです。
時間はだいたい10秒くらいで、2、3回繰り返します

 

乳液

量としては、化粧水は500円玉程度で、乳液は100円程度の大きさとのこと。乳液をつけた後も同じように、温めた手で、つけたところ全てを包み込みます。

 

美容液

最後に美容液で蓋をします。

 

化粧水、乳液、美容液のつけ方は、上記のようにに教えてもらいました。

が、お店の人いわく、上記のスキンケアももちろん大切なんですが、それよりも一番大事なことは、正しい洗顔をするとのことです。

その洗顔のやり方が、まず、しっかりと泡をたてます。洗顔ネットあみがあれば、それを使い、手のひらいっぱいに泡を作ります。それから、顔を洗顔する時は、手のひらが直接肌に触れないように、泡で洗うように優しく洗ういます

そうすることで、綺麗な肌がつくられるとのこと。

初めは半信半疑だったのですが、NOEVIAのお店の人を信じて、半年頑張ってみました。すると、今までコンプレックスに思っていたことが、嘘かのように、肌の状態が、格段によくなっていました。
あれから10年。まだ私はNOEVIAという商品を使っていますし、これからも使い続けていく予定です。